防犯カメラ関連:防犯カメラの目的と必要性

なぜ機械警備が必要なのか?

セキュリティA・Zの設置店舗・オーナー様の多くは、事件が起る前(開業時)に機械警備を設置されています。まず、未然に犯罪を防ぐ対策として導入されるケースが一番多く、犯罪を起させないためのご提案を心がけています。犯罪をしようとする人は特に音と光に弱く、建物内に侵入した時点で音と光が鳴れば逃げていきます。 少なくともガラス窓割られるぐらいで被害は最少限度でくいとめれます。 万が一の際も盗難保険で什器備品の破損や盗難・現金の盗難・ガラス窓の破壊は無料でまかなえます。 実際これまで多くの導入をしてきている当社のお客様でガラス窓を割られる被害まではありますがそれ以上建物内に入っての盗難被害などは発生していません。プロのご提案する機械警備システムで 安心・安全の毎日をお過ごしください。

機械警備 イメージ

機械警備を導入する目的は?

犯罪防止/犯罪動機の抑止/防犯意識の向上/取引先への信用

防犯カメラ設置例 イメージ

目的はその場所場所でさまざまです。
その場に合ったご提案を行い、効率の良い機械警備の設置をおすすめしております。下記では、一部事例をご紹介します。

マンションなど住居一般家庭

一般家庭では侵入者の未然防止、緊急・非常時の外部への通報など。

マンションなど住居一般家庭

会社・オフィスでは侵入者などの未然防止・展示場では展示品へのいたずら、盗難の未然防止。
無人店舗では両替機や機械の盗難防止、機械室への侵入防止など。

防犯カメラを設置後の具体的な効果・一例

これまで設置したお客様からの声を一例としてご紹介いたします。

一般家庭 M様 不審者が侵入しようとした際に警報ベルが鳴り逃げた。被害がなく済んだ。
会社経営者様 ガラス窓を割られたがセンサーが反応し警報ベルがなった為、被害が最小限度で済んだ。ガラスの修理も盗難保険に加入していたので無料で助かった。
展示場管理者様 車販売店では車へのいたずらが以前はあったが設置後になくなった。
会社経営者様
(画像通報を導入)
今までは携帯電話に音声で異状の連絡が入っていたが、テレビ電話で異状のお知らせが入るので侵入者なのか誤報なのか判別がつき非常に便利。また携帯電話から警備のON操作もできるので忘れた時も現場にいかなくていいので便利。異状時も携帯電話から自分の声で威嚇できたり非常におもしろいシステム。
無人店舗経営者様
(遠隔制御システムを導入) 
なにより現場に行かなくて、照明やエアコンのON/OFFができるので助かる。また遠隔地から現場の映像も見れるので安心できるシステム。

機械警備関連

ページの先頭へ